アクセスランキング 暮しの情報レシピで節約収入生活、節約、内職を在宅で可能にし、賢く生活することを目的とした情報サイトです。

暮しの情報レシピで節約収入生活 BY らくらく探検隊

ファイナンシャルプランナーによる、暮しの情報レシピを提供し、節約&ネットでの収入を得て生活向上を図る情報サイトです。
管理者ページ 
PR
アクセスアップなら、オレンジトラフィック

【使い捨てコンタクトレンズユーザーへメガネの新しい作り方】
イーレンズスタイル・ストアー


解約率1%のレンタルサーバー WebARENA Suite2


相互リンク大募集中です。お気軽にメールorコメントください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト

差額ベッド代? 差額ベッド代って、入院するときには必ず必要な経費だと思っていましたが、そうではないようです。差額ベッド代といわれているものの正式名称は「特別療養環境室」というそうですが、この「特別療養環境室」と呼ばれるには(差額ベッド代として請求できる病室の条件)にはベッドが4つ以下であることやその他の条件があるそうです。なのでベッド数が6つあれば差額ベッド代は発生しないことになります。
その他、病院の都合で(例えば病室が満杯など)で特別療養環境室に入院する場合は患者は差額ベッド代を支払わなくてよいそうです。私たち患者側が希望・同意していない場合は差額ベッド代を支払う義務がないそうです。ですが入院するときに、病院側からはこういった説明がほとんどない場合が多いそうですので、入院する場合は入院申込書などを良く読んで、差額ベッド代についての同意を求める文章がないか確かめておくとよいそうです。もし見落とした場合でも、きちんとした説明を受けていない場合「説明義務違反」で支払う必要はないそうです。

薬の説明書きで節約 こちらもテレビでしていた情報です^^
病院に行って、お薬をもらうときに、お薬の袋の中に、お薬の説明が書かれている用紙が入っていますが、これにもお金がかかっているそうです。サービスの一環かと思っていたのですが、どうやら、きちんと料金を支払っているようです^^
この用紙を断ることで、支払う金額が安くなるそうです。ただ、自分がどんな名前のお薬を飲んで、何に効果があるのか安心感を得ることができる情報なので、入っているととっても助かります。別の病院に行った時に今飲んでるお薬は?と聞かれたら答えることができるのでとっても助かります。なので、良く飲むお薬、常に飲まなくてはいけないお薬に関しては「いりません」と断ってみてもよいかもしれませんです(*^▽^*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。